人気の家電がアウトレットで手に入る場合もあります

家電 アウトレット

大型家電量販店が多く立ち並び、家電製品を購入する時は何店舗かまわり最安値を探して購入する方が多いと思います。家電を選ぶ要点はそれぞれあります。最新機能を重視する人、型遅れでも安さを求める人、こだわりのメーカーの品しか購入しない人など様々です。そんな中、近年人気が高まっているのが家電のアウトレットです。アウトレットと聞くと中古品とか壊れているなどの状態を考えがちですが、そもそもアウトレットという意味は知っていますか。工場から売場へ直接流通させてコストを減らして安くするファクトリーアウトレットや店舗が売り切れなかった在庫や訳あり商品、例えば配送中に箱が潰れてしまったものや商品モデルが変わって型遅れになってしまった商品などを販売するリテールアウトレットなどがあります。ですからリサイクル商品などの完全な中古品ではありません。

アウトレット商品の家電にはどんなのがあるのか

多くの家電メーカーがシーズンごとに新しい商品を発売します。その為入れ替えとなった古いモデルの家電や生産が終了した商品などの在庫を売り切る在庫処分品は新品が多いことが特徴です。外装破損品は運搬の時に箱が潰れてしまったり、シールを剥がして一度開封してしまったものです。外装の破損具合で値引き金額が変わってくるのです。中身は新品同様なのでお得ですね。修理上がり品はお客さんが購入した時に初期不良品として交換されたものをメーカーが修理して再度販売されるものです。製品的には修理が完了しているので全然問題がないのですが気持ち的に故障品という気持ちが強い為値引き率が大きいのが特徴です。このようにアウトレットと言っても商品は新品同様が多く安く購入することができるので人気があります。

家電のアウトレットの注意するべき点とは

家電のアウトレットは新品同様の商品を安く購入できることがメリットですが、展示処分品には注意が必要です。特にノートパソコンやデジタルカメラなどの家電は、展示する時にコンセントをさして実際に使用できる状態で展示しているものが多いですよね。一日8時間以上も電源がはいっている状態です。バッテリーが弱っているのは当たり前なので値下げ幅も多いのですが、商品の寿命も短いのを考えた上で購入を検討しましょう。冷蔵庫や洗濯機などの家電で電源を入れずに展示のみ行っているものについては、外見の傷などや破損がないかだけ確認することであとは新品同様なのでメリットは高いです。せっかく安く購入してもすぐ壊れてしまっては意味がありません。アウトレット商品の特徴はリサイクル商品と違ってメーカー保証がついてきます。新商品でなくても良いのであれば、アウトレットの家電にも目を向けてみましょう。