ベンチという家具のオシャレな使用例

家具に求める機能としては、収納ということが挙げられます。しかし、収納するというだけではなく、プラスアルファの機能があるとうれしいところです。家のスペースで使える部分というものは限られていますから、できるだけ有効に活用していきたいものです。そこで取り入れてみたいのがベンチです。実は、座る部分の下のスペースは収納として生かすことができるほか、イスとして座ることができるので便利に使えます。スペースが少ないお宅で快適でお洒落な生活をするというときに大きな味方となってくれるでしょう。特にデザイン的にオシャレなものが多いのも特徴です。こうしたオシャレさを生かしてどのように使っていけばオシャレになるのか、使える場所や使い方についてみていきましょう。

玄関に置くと便利でお洒落に使える

玄関は何かと元が多くなりがちなポイントです。靴をはじめとして、あれこれ細かいものが散乱してしまいがちになります。キレイに収納するという事を心がけたいところですが、そもそも収納スペースが少ないことが多いのです。そこで家具として取り入れてみましょう。座面の下の部分に扉などがあれば、目隠ししながら収納ができるので見た目がごちゃごちゃせずにおしゃれに収納できます。何より、座れるということが最も大きなポイントになってきます。お子さんや高齢の方などは靴を履くときに座って履くことが多いものですが、玄関の床の高さが座るのに合わないという事もあるのです。そういった時に、座りやすい高さのものを導入すれば楽に脱ぎ着出来ます。生活のしやすさとオシャレさを両立してくれるものなのです。

お部屋でも便利でお洒落な使い方を

お子さんがいらっしゃるご家庭では特にベンチタイプの家具が活用できます。お子さんに身につけてほしい片付けの習慣なども身につきやすくなるのです。低いところが収納にしやすいというところも大きなポイントです。お子さんが手の届きやすいところで収納するということがしやすいからです。お子さんなら座って遊びを楽しむこともできますから、いろいろな使い方がしやすく便利でしょう。リビングなどでもあると便利です。ちょっとしたものを収納すれば、部屋がごちゃごちゃせずすっきり見せることができておしゃれですし、それ自体がインテリアの一部となります。お客様が増えた時などの座る場所としても使えますから、来客の多いお宅では大活躍するはずです。このように、おしゃれで便利な使い方ができるベンチをインテリアに取り入れていきましょう。